特定非営利活動法人 笑福会 は 障害のある方の社会的地位向上を目指して活動しています

経営理念

お知らせ

PHP サニタイズメモ
AWS EC2に対してPINGが通らないときの対応
Ruby Windows10 Compass SCSS メモ
2つ目の投稿
Hello world!

笑福会の事業内容

就労継続支援A型

えがおの里
― 自立して働きたい

えがおの里は、えがお弁当で働くメンバーさん(障がいのある方)の就労をサポートしている就労継続支援A型事業所です。

えがお弁当では、調理、配膳、配達のほとんどすべてを、メンバーさんだけで行っています。

えがおの里の職員は、それぞれの障がいに応じた仕事をメンバーさんと一緒に考え、どうやったら仕事をすることができるかを考えてサポートします。

メンバーさんが、自立して仕事をできるようになることを目的としています。

えがおの里のご案内

共同生活援助

グループホーム餅原
― 自立して暮らしたい

笑福会では、障がいのある方に共同生活援助のサービスを提供しています。

グループホーム餅原は、共同生活ができる方のみを受け入れており、自立した仲間で生活するシェアハウスのような雰囲気です。

もちろん毎日、世話人が来て、買い物や掃除のお手伝いをしています。

自立して暮らしたい軽度の知的障害者の方に最適なグループホームです。(バリアフリーには対応しておりません。)

グループホーム餅原のご案内

放課後等デイサービス

あさひがおか
― お子さまの未来のために

あさひがおかは、障がいのあるお子様向けに、放課後や長期休暇中において生活能力の向上支援を行う放課後等デイサービスです。

遊ぶときは広い運動場でたくさん走り回り、学ぶときはそれぞれのペースで楽しく学ぶことができます。

また放課後等デイサービスは、お子様の療育の他、保護者向けの支援(レスパイトケア)も含まれます。

子育ての悩み等に対する相談や保護者がリフレッシュできる時間の確保のお手伝いをいたします。

あさひがおかのご案内
えがおの里がつくる
手作りのお弁当をご自宅までお届けします。
宅配弁当350より
午前便・午後便 えらべます。
特定非営利活動法人笑福会の経営理念

笑福会は、社会に参加したいと願うすべての障がいのある方に、社会人として働く機会と学ぶ機会を提供し、みんなが人生を謳歌できるようにするお手伝いをしたいと考えています。

働くことは、胸を張って生きることです。

誇りをもって生きることです。

そして、人生を謳歌するためのパスポートでもあります。

障がいのある方が、自らの障がいを理由に、施設や部屋の中に閉じこもるのではなく、

積極的に外へと飛び出していって社会に参加する。

そして、地域・社会も障がい者を理解し、自然に受け入れる。

そんな社会を目指しています。

設立5年を迎えて
NPO法人笑福会

こんにちは、笑福会理事長の竹内和広です。

「障がいのある方がが誇りを持って生きるための道を作りたい」

そう強く思い、笑福会を設立してから5年以上が経ちました。これまで決して楽ではない道でしたが、多くのメンバーさん(利用者)より感謝の声をいただき、着実に歩んでくることができたことを大変嬉しく思います。

障がいのある方が誇りをもって生きるためには、自立が不可欠です。

そのための機会を提供すること、障がいのある方の良き理解者を増やすことが笑福会の使命だと感じています。これからも笑福会は努力してまいります。

→理事長あいさつはこちら

現在、スタッフ募集中です。
日本中で「えがおの種まき」を一緒にしませんか?

アクセス

郵便番号 889-1901

住所 宮崎県北諸県郡三股町大字樺山4672番地50

TEL:0986-51-2558 / FAX:0986-36-4702